<   2004年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧



インド五千年の伝承医学~Ayulveda~(アーユルヴェーダ)~ d0010774_20141160.jpg     
Travel Diary at India   
今は言える、百歳が見えてきた
世界中を歩き、欧米を見てきた「仲」が  
インドに行って見つけてきたこと=長寿 「健康が一番」「健康は笑顔」
「健康は食」「健康は予防」


行きつくところは心の美しさと目の美しさ

代インドの人々は私達の身体も自然界の一部と考え、
心と身体(内側と外側の生きるエネルギー)のバランスを見て
健康状態をチェックしていました。
その語源はサンスクリット語で、アーユル(Ayul)=生命、長寿
+ヴェーダ(Veda)=科学、知恵。「生命の科学」「寿命の科学」を
意味します。
人間が肉体的にも精神的にも健康で過ごすための、インド五千年
の伝承医学です。d0010774_17343625.jpg

西洋医学と違うところは、病気にならないようにするには
どうすればよいか、病気になったらどこが出発点なのかを
探すところから始め、捉える事で単に病気を治すということだけで
なく、人間本来持つ自然治癒力を高め病気を予防するのです。
心と脳の動きは顔に出るので不規則な生活、ストレスの溜まりやすい
生活も観察して治療していきます。d0010774_17325011.jpg

事に人間のからだはどんな力があるのか、食事はどのようにして作り
そして食べるのか。健康に良いもの、悪いものを調べて調理方法を考え
出しています。
どれくらい休むのか、どれくらい運動するのか、美しさの基本はボン
(骨)です。
血は目の美しさ、肌の美しさをつくり、さらに若返り、体の抵抗力の
メソッドにとても重要な働きをしています。このようにAyurvedaは
病気を予防し、いつまでも若く健康でいる長寿の為の健康法で生活の
知恵といえるのかも知れません。

断はまず医師が患者の性格や、生活スタイル、食事、職場の人間関係、
トイレの習慣に至るまで細かく質問します。計るところは両手首の脈診
それぞれの生命エネルギーバランスの乱れを確認します。
バランスを取り戻すため食習慣を変えることを勧められ、20~30種類
のハーブ、ミネラル、野菜の調合によって処方されます。治療医師はその
生命エネルギーバランスの変化を最低限に抑えることで健康体につなげて
いるのです。

現在日本美容にも心と体のケアとしてアーユルヴェーダを取り入れたエステ
ティックサロンも出始めています。
ちょっと気になる注目したい伝承医学(Ayurveda)です。

私も診断していただき、ズバリ当てられてしまいました。
一緒の友人は即入院(糖尿病)といわれ3ヶ月の入院を余儀なくされました。

今回お会いしたアールベーダのドクターMruduia Leia さんはインドでは
5本の指に入る方で今回はラッキーな出会いとなりました。

上記の文章は約2時間お話していただいた内容をまとめたものです。

インドで見つけたミルクティ♪(^〇^)♪伝授します!
ナベを2つ用意します。1つは水、1つはミルク。どちらも火にかけます。
火にかけた水におこのみでシュガーを入れます。70~80℃ぐらいで茶葉を入れます。
沸騰したら火を止め、1分ぐらいしたら、温めておいたミルクを紅茶の方に入れます。
茶こしを使ってカップにそそぎ出来上がり!お飲みください!!オイシイですよ!
(注)1.ミルクは沸騰させない 2.茶葉はアッサム(アッサム地方の紅茶)がベスト
d0010774_1735976.jpg
by kingdomnaka | 2004-02-28 17:26